何度も花を咲かせるコツ

胡蝶蘭は大変美しい花を咲かせるだけでなく、一度花が咲くと2ヵ月ほど楽しむことができるという鑑賞するために存在するかのような植物です。もし花が枯れてしまったとしても、手入れの仕方によって何度でも花を咲かせることができるのです。その手順としては、枯れて来たら花茎を切り落とすることがまず重要です。その際に株元から2から3節ほど残して切ることによって株を健康に保つことができるようになります。株が元気な状態なら、また花をつけることも可能で、一つの胡蝶蘭がつける花を何年にもわたって定期的に楽しむことができるようになるのです。

多くの場合花をプレゼントされても、一定期間ですべて枯れてしまって捨ててしまうというのが普通でしょう。しかし胡蝶蘭をプレゼントされた場合は、簡単な手入れと、たまにお水を上げるだけで基本的には何年も育てていくことができます。オフィスの成長とともに、胡蝶蘭も成長し、その企業にとっては一つの自社の成長のシンボルのようにも感じてくれるかもしれません。より元気に育てるための植え替えの方法や、花茎を固定するための支柱の使い方など、少しコツのいる作業の手順についても胡蝶蘭と一緒に着けてあげればよりプレゼントした相手先から喜ばれるでしょう。

胡蝶蘭の育て方

胡蝶蘭には上手に育てるためのいくつかのポイントがあります。まずは特徴を知ることが大切です。もともと東南アジアの暖かいところに生息している植物ですので、冬の間は特にできる限り暖かい室内で育てるのが良いでしょう。温室で育てる場合であれば年中花を咲かせることになりますが、通常の室内の場合は4月から6月が開花の時期となります。また、胡蝶蘭はそれほど水分を必要とせずに成長する種類となります。ですから、水の上げすぎに注意するなど胡蝶蘭の特徴にあった方法で育てていきましょう。

もしも水を上げすぎてしまうと、根腐れという問題を抱えてしまいます。根っこが腐ってしまうと当然胡蝶蘭自体も弱くなりやがて枯れてしまうことでしょう。水やりのポイントとしては、土が湿っているうちは水をやらず、からからに乾くまで放置し、その上でお水を上げるのです。胡蝶蘭が乾燥しているととても心配になるかもしれませんが、実は通常の植物よりも乾燥気味の方が枯れるリスクは少なくできるのです。

オフィスの移転祝いでプレゼントする際にはこうした基本的な育て方、維持の仕方を簡単なメモなどを添えて一緒に渡してあげるなら、きっと胡蝶蘭の魅力を十分に楽しめるような仕方で育ててくれるに違いありません。

オフィスの移転祝いなら胡蝶蘭がお勧め

胡蝶蘭とは、東南アジアなどの温かい土地に生息するラン科の植物です。花屋さんなどでも、その華やかな姿がひときわ目を引くことでしょう。とても派手で、気品にあふれるお花のため、お祝いごとの際にプレゼントされる花としても知られています。オフィスの移転祝いなどで胡蝶蘭を贈れば、新しいオフィスを早速明るくしてくれることでしょう。ただそこにあるだけで豪華な気分にさせてくれる胡蝶蘭はそうしたビジネスの場でも重宝されているのです。

参照資料【胡蝶蘭を販売しているオーキッドスタイル
移転祝いに最適な胡蝶蘭を専門に取り扱っているサイトです。

胡蝶蘭の花言葉も贈り物としてぴったりです。なぜなら、胡蝶蘭には「幸せが飛んでくる」という意味があるのです。また、欄は繁栄のシンボルとしても古来より知られていますので、更なる繁栄を願っているという思いも込めることができます。さらに、最低限の生育環境を維持することができれば非常に丈夫なもので、枯れずに安定して長期間の鑑賞に堪えることができます。もし花が咲いている場合には2か月ほど枯れずに鑑賞することができるでしょう。オフィスなどの室内でも育てやすいために、贈られた側に大変な世話をする負担を押し付けるようなことにもなりません。

また、上品さや高貴さ、愛と美等素晴らしい意味合いを持っているのも胡蝶蘭の特徴です。真新しいオフィスをさらに美しく彩ってくれることでしょう。このように胡蝶蘭は、その素敵な姿や意味合いから、オフィスの移転祝いはもちろんのこと、さまざまなシーンでのプレゼントとしてとても人気のある花なのです。そこで、胡蝶蘭を贈るときに一緒に伝えておきたい育て方のポイントについてまとめてました。