何度も花を咲かせるコツ

胡蝶蘭は大変美しい花を咲かせるだけでなく、一度花が咲くと2ヵ月ほど楽しむことができるという鑑賞するために存在するかのような植物です。もし花が枯れてしまったとしても、手入れの仕方によって何度でも花を咲かせることができるのです。その手順としては、枯れて来たら花茎を切り落とすることがまず重要です。その際に株元から2から3節ほど残して切ることによって株を健康に保つことができるようになります。株が元気な状態なら、また花をつけることも可能で、一つの胡蝶蘭がつける花を何年にもわたって定期的に楽しむことができるようになるのです。

多くの場合花をプレゼントされても、一定期間ですべて枯れてしまって捨ててしまうというのが普通でしょう。しかし胡蝶蘭をプレゼントされた場合は、簡単な手入れと、たまにお水を上げるだけで基本的には何年も育てていくことができます。オフィスの成長とともに、胡蝶蘭も成長し、その企業にとっては一つの自社の成長のシンボルのようにも感じてくれるかもしれません。より元気に育てるための植え替えの方法や、花茎を固定するための支柱の使い方など、少しコツのいる作業の手順についても胡蝶蘭と一緒に着けてあげればよりプレゼントした相手先から喜ばれるでしょう。